クレジットカード初心者が効率的にマイルを貯める方法

クレジットカードでマイルを効率よく貯める方法

 

買い物をする時にクレジットカードを使うと、マイルがつくというものがあります。数あるクレジットカードについたサービスの中でも、マイルを貯めることができるものが注目されています。特別なことをしなくても、ただカード払いにすればマイルが増えるという仕組みなので、多くの人が使っています。

 

 

クレジットカードを使って、マイルがぐんぐんたまるようにしたい場合は、何をするといいでしょう。もしもいくつかのクレジットカードを同時に使っているなら、1枚にすれば効率的にマイルが入ります。最近はクレジットカードをつくる機会が多くなっており、人によってはクレジットカードを何枚か持っていて、買い物の内容や、店舗によって使い分けているというケースがあります。数枚のクレジットカードを使っていると、その都度別々のクレジットカードにマイルが入るようになります。

 

マイルを1枚のクレジットカードに集中させるためにも、特に事情がなければ普段使いのクレジットカードで決済をする習慣をつけましょう。

 

毎月必ず支払わなければならないような、光熱費や、ネットの利用料金をクレジットカードで支払うことで、マイルが効率的に増えていきます。

 

今まで銀行口座から直接引き落としにしていたものを、クレジットカード払いに変更するだけで、これまでどおりの生活をしていても、時間の経過と共にマイルがふえます。マイルの貯め方としては、少額決済でもクレジットカードを使うという、オーソドックスなやり方もあります。

 

日用品や食料品、コンビニの買い物など、普段の購買行動をできるだけクレジットカード払いにすることで、マイルの入り方が大きく変わります。

 

三井住友銀行カードローン契約特典

 

 

クレジットカードを使って上手にマイルを貯めるには

 

もしも、新しくクレジットカードの申込みを考えているのなら、マイルが溜まる使い方について調べておくといいでしょう。自分でクレジットカードを使用する場合、マイルに関するメリットや特典などきちんと確認しておくことが重要になります。日頃から、クレジットカード決済を習慣づけておくことで、マイルがかなりの早さでため込めるようになります。マイルが入るクレジットカードは何種類かありますが、マイルの貯まり方はカードによって違うので、きちんと調べることが大事です。

 

頻繁に飛行機に乗っている人なら、マイルをそのまま飛行機のチケットに交換できますので、貯めたマイルをもれなく活用することが可能になります。公共料金の支払いや、日々の買い物の決済時にこまめにクレジットカードを使うようにしていると、特に意識していないうちからマイルを貯めることができ、色々なことに使えます。

 

マイルが付与されるクレジットカードを使っていると、貯まったマイルを活用してお得なサービスを利用することができます。飛行機を利用する機会が多い場合は、マイルがより効率よく貯まるクレジットカードを選択するようにしましょう。年会費が不要のクレジットカードで、マイルを増やすことができるものなら、とてもお得な使い方をすることができます。マイルのふえるクレジットカードの中には年会費がかかるものもありますが、そのほうがマイルがつくペースがよくて、得になることもあります。

 

クレジットカードを使う時にどんな長所があり、どういう注意点があるかを知っておくことが、クレジットカード払いをする時には大事になります。コンビニやスーパーでの買い物でもクレジットカードを使うようにすると、よりマイルが増えやすくなっているでしょう。

 

 

クレジットカード初心者でもマイルを貯めるためにできる方法

 

クレジットカードには様々なポイントが貯まる機能がついており、ポイントを貯めて電子マネーやマイルに変えるサービスが進んでます。クレジットカードをいくら使っても、ほんのちょっとしかポイントは入らないと考えている人もいますが、そうでもありません。

 

クレジットカード初めてという人でも、手軽にマイルを貯めることが可能です。お勧めのクレジットカードの使い方としては、公共料金やブラウザ使用料などの月々支払いをクレジットカード払いにすることです。どんな家庭でも、毎月必ず支払っているものがあります。電気料金や、水道料金、ガス料金などは、口座引き落としが多いようです。

 

今まではクレジットカードを使う頻度が少なかったという人でも、公共料金等をクレジットカード払いにすれば、自然にマイルが増えていきます。

 

このクレジット払いにする方法だけでも、何もしなくてもマイルが貯まるようになります。団体で飲み食いした時など、クレジットカードで支払ってしまうという人もいます。最終的には均等割りにするけれど、その場での食事の支払いを誰カがやっておく必要があるという場合はあります。

 

その時にクレジットカードを使えば、他人の分を支払うことで、自分のマイルを増やすことが可能です。会社が、支払いにクレジットカードOKにしているなら、まずは自分でカード払いしてから、その分の料金を会社に請求するといいでしょう。

 

毎日のちょっとした買い物でも、クレジットカードで決済する習慣をつけるだけでも、多くのマイルを蓄積することが可能になります。

 

クレジットカードの年会費手数料

 

クレジットカード手数料が、かかることがあります。クレジットカードを保有し、使うためにかかる手数料にはどんなものがあるのでしょうか。手数料の内容は、クレジットカードの内容によって違います。かなり手数料が高いものから、どんなに利用しても手数料がかからないものもあります。

 

クレジットカードの利用時には、どんな使い方をした時に手数料がかかるかを、事前に確認しておきたいものです。

 

クレジットカードには、年会費という1年間クレジットカードを使うためにかかる費用があります。

 

年会費手数料がないクレジットカードもあれば、年会費が30万円以上かかるセレブ御用達のクレジットカードもあります。初めてクレジットカードを持つという人や、普段あまりクレジットカードを頻繁に使わないという人もいると思います。そんな時には、まずは年会費がかからないクレジットカードを作って、様子を見るといいでしょう。

 

中には実質年会費無料や条件付き年会費無料というものもありますので、どんな条件で適応されるのかチェックしましょう。

 

クレジットカードの付帯機能の内容は様々ですが、年会費が高いクレジットカードだと、サービス内容が充実していることもあります。そういう人は、年会費手数料がかかるクレジットカードでもお得なことがあるでしょう。

 

→ 今すぐお金借りる

 

クレジットカードの手数料について

 

クレジットカードの手数料は、カードの種類によってさまざまです。クレジットカードの発行手数料は、クレジットカードを新規に発行してもらうときにかかる手数料です。とはいえ、発行手数料がかかるカードはあまりありません。

 

クレジットカードを解約するときにかかるのが、解約手数料です。

 

今のところ、多くのクレジットカード会社は解約手数料をとってはいませんが、テストケースとして行っている会社もあるようです。今後解約手数料をとるクレジットカードが増加する可能性が、あるかもしれません。多くのクレジットカードでは一回払い、リボ払い、分割払い、ボーナス払いなどさまざまな支払方法を選ぶことができます。

 

一括払いやボーナス払いなど一度にすべて支払ってしまうタイプの支払方法では、クレジットカードの手数料が発生することはありません。分割払いやリボルビング払いなどは、全額返済し終えるまでにかかる期間に応じて手数料が発生します。

 

リボ払い専用クレジットカードを使っているときは、一括払いでも金利手数料がかかることがあるので要注意です。決済時にクレジットカードを利用するならば、手数料がいくらになるかを把握した上で使うようにするといいでしょう。クレジットカードにはこのようにさまざまな手数料が、かかることを覚えておきましょう。

 

 

クレジットカード手数料の注意点

 

クレジットカードを利用すると手数料がかかることがあります。クレジットカードの手数料について注意しなければならないことが、あります。クレジットカードの加盟店は手数料をカード会社に支払ってしますが、その他に手数料をかけてくる店舗があります。

 

加盟店によるクレジットカードの手数料の詐欺です。クレジットカード決済の内容を改ざんされたり、支払金額を気づかれないようにプラスされたりするようです。クレジットカードを利用するときには不当な手数料を請求されることのないよう、請求金額だけではなく店員の様子もしっかりとチェックしておきましょう。

 

クレジットカードを持って別室に移動する場合などは、特に注意したほうが良いでしょう。加盟店の規約によって利用金額の大きさで、クレジットカードの使用を制限してはならないという決まりがあります。ですが、クレジットカードの最低額を設定しているような店は、以外と多いと言われています。

 

飲食店のランチの時間帯で混雑する場合や、手数料の差引利益率が低い場合です。クレジットカードの加盟店にとっては、少額のクレジットカード利用者は手数料ばかりかさむので、現金払い時の還元率を増やすなどして、工夫をしています。クレジットカードを使うときはなるべくムダな手数料を、取られないように注意したほうが良いでしょう。

 

クレジットカードの優待特典の内容について

 

クレジットカードは多くの人が利用しているものですが、カードに付いている特典を上手に活用できていますでしょうか。どんな基準でクレジットカードを選択しているかは人それぞれですが、クレジットカードの特典には、いいものが色々とあります。クレジットカードの中でも、流通系のカードの場合、ショッピング時の割引サービスに強いようです。サービス案内で、クレジットカードの特典について詳しく紹介しているようなCM広告も、よく目にするようです。ホテル、レストラン、レジャーなどの旅行時の特典や、観劇やアーティストのショーなど、娯楽に関しての優待特典がついていることが少なくありません。

 

クレジットカードごとに、どのようなサービスに対する割引がついているかは違いますので、調べてみるといいでしょう。優待割引特典を目的にクレジットカードを選ぶ場合には、その内容をしっかりチェックしてから決めることをお勧めします。クレジットカードごとに、割引率や割引の内容は違っていますので、自分が望むサービスがどのクレジットカードにあるかを確認することが大事です。
特典サービスを扱っている会社はいくつかあるようですが、最もオーソドックスなものは、そのカード発行元の金融会社がツービスをするものです。クレジットカードの発行元が扱っているサービスだけでなく、委託先の会社がそのクレジットカードを使っている人に対して行うサービスもあります。そのクレジットカードを使う人が、日頃どんなカード決済のスタイルをとっているかによって、特典の使いやすさには違いが出ると言われています。どんな優遇特典がついているかで、クレジットカードを選択するという考え方もあります。

 

 

クレジットカードの優待特典を選択する方法

クレジットカードのカードブランド運営元が提供する優待特典にはどのようなものがあるのでしょうか。クレジットカードには、発行元と、運営元があります。VISA、MasterCard、JCBなどは、国際カードブランド運営会社の名称を指しています。

 

運営元と、発行元があるというクレジットカードの仕組みを知っておくと、クレジットカードが選びやすくなります。国内外問わず広く使えるようなクレジットカードのサービスを念頭に置くなら、国際カードブランド運営会社のサービス内容が大事です。

 

一方、発行元のクレジットカード会社が扱っている特典は、国内に限定されることが多いようですが、様々なサービス内容が揃っているといいます。発行元のクレジットカード会社から提供されている特典サービスだけでなく、特典の運営を委託されて、カードの特典としているところもあります。優待特典にはいろいろと種類があり、その内容はかなりまちまちなので、クレジットカードを選択するときには、事前に確認しておきまよう。

 

以前と同じ場所でクレジットカード割引サービスを使ってみたところ、支払金額が変わる場合もあります。請求額が変わって背景には、カードの発行元が違うクレジットカードを使ったからかもしれません。クレジットカードをつくる時に、割引や優遇サービスがあるものを選択する時には、自分が使う事が多いような特典サービスを重点的に調べてみるといいでしょう。1種類のクレジットカードにこだわらず、いくつかクレジットカードを持つ方もいます。

 

各クレジットカードにはどんな特典が付帯しているかを知ることで、クレジットカードの選び方か変わることもあります。クレジットカードの付帯サーヒスを使い切れていないと感じる人は、より身近な特典サービスを探してカードを作るという方法もあります。

 

 

クレジットカードをランキングサイトで比較する

 

クレジットカード選びに、ランキングサイトを利用する人が多くなっています。クレジットカード会社に加盟している店舗で、クレジットカードの会員がものを買う時、カードを利用することで買い物をすることができます。

 

クレジットカードがあれば、手持ちの現金がなくてもサービスを受けることができます。加盟点は、支払いをクレジットカード会社に求めます。クレジットカード側は、払った金額を、カード会員に対して請求します。クレジットカードの利用率が高まったことにより、多くの人がクレジットカードを持つようになりました。一人で、何枚ものクレジットカードを持っているという人もいます。カード会社もたくさんあるので、初めてクレジットカードを使う人は選び方がわからないということもあります。

 

多くの人が使っているクレジットカードはどれか知りたければ、ランキングサイトや、比較サイトを参考にしてください。クレジットカードを使う局面はどこかを想定した上で、カード選びをすることが大事です。クレジットカードを使う頻度が高そうなお店や、よく利用しそうなサービスはあるでしょうか。ネット通販でクレジットカードをよく使う人もいますし、海外旅行の頻度が多いという人もいます。クレジットカードのランキングサイトを見る時には、どんな時に自分がカードを使うかを思い描きながら、内容を確認してください。どのクレジットカードがいいか決めかねる時は、銀行系カードや、ランキング上位のカードなどの汎用性の高いものがおすすめです。

 

 

クレジットカードのランキングサイトの見方

ランキングサイトを参考に、クレジットカードを選ぶ時には、何をチェックすればいいでしょう。クレジットカードを決める時には、まず、クレジットカードに何を求めるのかを考えます。旅行保険や、割引決済が可能なカードがいいか、サービスは少なくとも維持費が少ないほうがいいかなどです。ランキングサイトで人気があるクレジットカードといえば、年会費はどのくらいかかるのか、無料でカードを持っていられるのかだといいます。

 

ですが、クレジットカードをしょっちゅう使っている人や、特典サービスによく使うものがあるという人は、年会費がかかってもそのほうがいい場合もあります。納得のいくクレジットカードをするためには、ランキングサイトの情報の中では見逃すべきではないこともあるようです。クレジットカードのポイント還元率はカードごとに様々ですが、ポイント率が高ければお得とは限りません。

 

クレジットカードを利用することによって貯まったポイントが、どのようにして使うことが出来るのかを確認しておくようにしましょう。ポイントがいくら相当の商品と交換できるのかは、クレジットカード会社によってまちまちですので、数字を単純に比べることはできません。空港のラウンジが利用できるサービスや、ガソリン代のキャッシュバックなどは、自分がよく使うサービスはどれかを判断した上で、使いやすいものを探してください。色々な保険サービスかついているようなクレジットカードもあります。クレジットカードの発行と同時に海外旅行の傷害保険に入れるところや、カード盗難や紛失時の保険もあります。クレジットカードを選ぶ時には、ランキングの高い順位にあるかどうかだけでなく、自分がよく使いそうなサービスが備わっているかも確認してください。

 

 

ランキングサイトで上位のクレジットカードとは

クレジットカードのランキングサイトでは、どんなクレジットカードを上位にランクインさせているのでしょうか。クレジットカードのよしあしは、結局は使う人の希望に添うものかどうかですから、ランキング順位が高くても理想のカードでないこともあります。ランキングの高いクレジットカードでも、自分にとっては使いづらいカードである可能性もありますので、順位だけでカードを選ばないようにしましょう。

 

クレジットカードのランキングサイトを見る時には、順位自体はあてにしすぎないようにしてください。どのクレジットカードが使いやすいかは、順位にこだわらず、自分で判断することが肝心です。ポイントの還元率や、マイレージサービスとの連動、年会費や、どんな特典サービスがついているかで、クレジットカードの比較をすることも可能です。ランキングサイトを利用すれば、自分にとって使い勝手のいいクレジットカードを見つけることができます。ランキングサイトで評価の高いクレジットカードといえば、値引きのサービスやポイントがつく上に、年会費がかからないものです。

 

ポイントの還元率がいいクレジットカードは、使えば使うほど特になるため、好んで利用するという人が大勢います。一定の年会費がかかるクレジットカードの場合は、旅行保険の内容が終日していたり、セキュリティがしっかりしているなど、付帯サービスが充実しているものがよく使われています。従属カードとして、家族が使う家族カードや、高速道路料金の支払いに用いるetcカードがつくれるクレジットカードもあります。クレジットカードのランキング情報を確認することで、どのようなクレジットカードが人気が高いのかを調べてみるといいでしょう。